建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県燕市
見出し快適トイレ制度新設、1日以降の公告から適用  
掲載 2021年4月1日新潟建設新聞  
本文

 燕市は、工事現場等での快適トイレの設置促進に向け、新たに制度を設ける。4月1日以降に公告する入札から適用を開始する。対象は、当初設計額1億5000万円以上の工事で原則として設置を義務化する。または当初設計額が3000万円以上1億5000万円未満の工事で受注者が設置を希望する場合。
 対象工事において仕様を満たした快適トイレを設置すると、その費用を工事費用に加算して契約する。1基当たり月額4500円を上限とし、1つの現場につき1基分を計上する。男女別で設置した場合は2基分まで計上できる。
 県内市町村では、新潟市、糸魚川市に続く3番目の導入。
 市議会12月定例会で快適トイレについての質問があった。これを受け鈴木力市長は「女性参画を含め、建設業界は担い手確保に苦慮しているので、すぐに実施しようと決めた。吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ)の大規模改修工事などの大型案件があるので、活用していただければ」とした。

ページトップ