建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市
見出しさいたま市が東浦和浄水場で民活検討  
掲載 2021年4月1日埼玉建設新聞  
本文

設計・施工は24年度

 さいたま市は、東浦和浄水場(浦和区駒場2-4-3)の機能更新に向けた今後の検討スケジュール案をまとめた。民間活力導入の可能性調査を2021年度行い、22年度から実施方針の検討に入る。設計・施工の着手は早くて24年度となる見通しだ。
 東浦和浄水場の敷地面積は4910㎡。延べ床面積が285㎡となっている。
 1日当たりの配水能力は3700?。現状は深井戸(φ300mm、深度250m)、着水井(50立方m)、混和池(300立方m)、ろ水機(1・1万立方m/日)、配水池(1000立方m)などで構成している。
 機能更新を見据えた民間活力導入可能性調査業務は、日本水工設計関東事務所(さいたま市、℡048-767-4981)に委託済み。21年度までに調査を終え、その結果を踏まえた実施方針を22~23年度の2カ年で作成する。設計・施工の期間には24~25年度の少なくとも2カ年を充てる見込みだ。
 市は、老朽化した浄水場・配水場の全面更新のほか、自家発電設備・配水ポンプなどの部分更新にも力を入れている。自家発電設備関係では東部配水場(施工=21~22年度)、南下新井配水場(設計・施工=21~23年度)などの更新も予定している。

ページトップ