建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)新潟県建設業協会
見出し新入社員研修に3会場合わせ157人参加  
掲載 2021年4月23日新潟建設新聞  
本文

新潟県建設業協会は、新規入職者を対象とした建設業新人社員研修を20日、21日、22日の3日間、県内3会場で開催した。3会場合わせて157人(うち女性27人)が参加。昨年は新型コロナ感染症拡大防止により中止となったが、一昨年の121人(うち女性19人)を上回る参加者が集った。

21日の新潟会場で新潟県建設業協会青年部会の猪俣一成部会長(巴山組)は「今年は東日本大震災から10年になる。皆様は10年前、小学生や中学生だったりしたころだと思うが、あの大震災により普通の当たり前の生活が一瞬にして奪われ、当たり前ができなくなった。その時に建設業は、人の命を守るために活動し、当たり前をいち早く確保するため、人命を賭して活躍した業界でもある。昨年、今年の大雪でも当たり前ができなくなり、除雪の場でも建設業は活躍した」と、建設業の果たす使命の重要性を強調。続けて、「新型コロナウイルスにより、他業界は大変厳しい状況にあるが、建設業は比較的影響が少なく安定している。日常を守る重要な業界でもあるので、皆様はこの業界に入ったことを誇りに思ってほしい」と呼び掛けた。
研修では、富士教育訓練センターの講師が、あいさつや敬語の使い方などの基本動作をはじめ、自己表現やコミュニケーション方法を学ぶスピーチ演習も行われた。
参加者の内訳は、20日の長岡会場が63人(男性56人、女性7人)、21日の新潟会場は49人(男性35人、女性14人)、22日の新潟会場は45人(男性39人、女性6人)。長岡会場は細川副部会長(中越興業)、22日の新潟会場は富樫副部会長が協会を代表してあいさつした。
【写真=21日の新潟会場であいさつする猪俣部会長】

ページトップ