建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県峡東建設事務所
見出し御坂トンネルルート具体化へ調査 本年度主要事業  
掲載 2021年5月25日山梨建設新聞  
本文

 県峡東建設事務所(若尾洋一所長)は本年度の主要事業を明らかにした。道路事業では、注目される国道137号御坂トンネルのルート具体化に向け調査・設計を実施する。河川・砂防事業では、多発する突発的な豪雨に備え、平等川の河川改修や天川・日川砂防の整備を推進。都市計画事業では、山梨市駅南線の整備を中心に取り組む方針を示した。
■道路事業
【国道137号・新たな御坂トンネル】
 建設から50年以上経つ現トンネルに代わる新たなトンネルを整備する。本年度はルートの具体化など事業化に向け、道路予備設計や地表調査などを行う。
【国道411号上萩原Ⅲ期バイパス(甲州市上萩原)】
 延長1900m(幅員5・5m、全幅7m)のバイパス整備。昨年度着手した道路改良を本年度も進め、年度内の事業完了を予定する。
【国道411号・一之瀬高橋Ⅱ期バイパス(甲州市一之瀬高橋)】
 延長2500m、幅員5・5m(全幅7・5m)。トンネル・橋梁をそれぞれ2カ所に整備する。全体事業費は約105億円。昨年度末に2号トンネル掘削のための仮橋及び仮設ヤード工事を発注。本年度はその工事を進め早期の本体着工を目指す。
【国道411号・裂石道路拡幅(甲州市裂石)】
 延長650m、幅員6m(全幅8m)の拡幅事業。橋梁を1カ所整備する。全体事業費は約8億円。本年度は用地取得を進め、工事の早期着手を目指す。
【道路施設の長寿命化・耐震化】
 高度経済成長期に建設されたトンネルや橋梁などの更新・補修。主な事業箇所は▽新御坂トンネル舗装補修▽四ノ橋(補修、笛吹市一宮町)▽根津橋(山梨市万力、補修)▽鶏冠山大橋(山梨市三富川浦、耐震化)▽西沢大橋(山梨市三富川浦、耐震化)▽四ノ橋(笛吹市一宮町、耐震化)▽鵜飼橋(笛吹市石和町、耐震化)
■河川砂防事業
【平等川改修(笛吹市春日居町鎮目)】
 笛吹市春日居町鎮目地内を起点に上流700mについて、河道を拡幅。本年度は柳瀬橋下流の護岸工事を実施する。
【天川砂防(笛吹市御坂町神有)】
 集落が密集するほか公民館、スポーツ公園など保全すべき対象が多い地域の防災対策。堰堤工、渓流保全工を進めており、本年度は渓流保全工を実施し、事業が完了する。
【日川砂防(甲州市塩山牛奥)】
 多くの人家や保育園、老人ホーム、公民館、国道20号などの公共施設がある地域の防災対策。既設堰堤のかさ上げおよびスリット化を進めており、本年度は鋼製スリットの設置や本堤腹付工事を実施し事業が完了する。
■都市計画事業
【山梨市駅南線Ⅰ期(山梨市上神内川ほか)】
 同駅南側を南北に走る県道の拡幅。延長720m区間の幅員を17mに広げる。本年度は引き続き用地買収を進めるとともに、電線共同溝工事などを行う。

【写真1=本年度完成予定の上萩原Ⅲ期バイパス】
【写真2=改修中の平等川】

ページトップ