建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し最新の舗装技術習得/道建協北陸支部舗装施工管理講習開く  
掲載 2021年9月28日新潟建設新聞  
本文

 日本道路建設業協会北陸支部(海野正美支部長)は22日、新潟市内の新潟ユニゾンプラザにおいて2021年度の舗装施工管理技術者技術講習を開いた。
 この技術講習は、刻々と進展する舗装技術に対応するため5年ごとの登録更新を行うとともに、最新の舗装技術の知識と技術の習得を目的に、主に登録更新予定者を対象に毎年開催している。新潟市での開催は今回で4年目となり、当日は31人が参加した。
 講義に先立ち、海野支部長は協会の事業について「道路インフラの整備を促進し、適切な維持管理を進めるとともに、災害からの復旧・復興に最善の努力を果たすことを使命とし、さらに道路建設事業の社会的評価の向上に向けさまざまな活動を行っている」と活動の意義を強調し、支援を呼び掛けた。
 その後、講習へと移行し、北陸地方整備局道路部道路情報管理官の松永和彦氏が「舗装事業を取り巻く社会・経済情勢と各種制度」を説明。さらに日本道路建設業協会の小笹一彦氏と石垣勉氏が舗装工事の安全対策や最近の舗装技術の動向を話した。

【写真=海野支部長、31人が最新の舗装技術を学んだ】

ページトップ