建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)埼玉県電業協会
見出し埼電協が第2回技術講習会開き、施工図の書き方伝授  
掲載 2021年11月16日埼玉建設新聞  
本文

 埼玉県電業協会(岡村一巳会長)は11日、2021年度第2回技術講習会をさいたま市内の埼玉建産連研修センターで開催した。当日は70人以上が聴講し、電気設備工事における施工図の作成方法を学んだ。
 講義に先立ち、岡村会長が4週8休、時間外労働の上限規制などの働き方改革への対応について「われわれも自助努力で、なんとか労働生産性を上げていかないと解決できない問題」と危機感を口にし、今後も発注者と連携を図りつつ、着実に取り組みを進めていく考えを示した。
 講習会へと移り、関電工北関東・北信越営業本部で品質工事管理部長を務める梅原清秀氏が登壇。「施工図の見方・書き方」をテーマに講義を行った。施工図を作成するにあたり、梅原氏は5W2Hを再確認。「『いつまでに』『誰が』『どこで』『何を』『なぜ』『どのように』『いくらで』という7点が明確じゃないと、施工に大きなロスが生じる」とし、施工に携わる関連業者間相互の取り合いを調整する上で「基本中の基本」と指摘。施工図の中に必要な情報を整理集約し、関係者間で情報を共有することで「合理化や無駄を省く工事の最適化につながり、品質確保と経済性が両立できる」と説いた。その後も日本電設工業協会がまとめたテキストに沿い、施工図作成の流れやポイント、各設備における記載上の留意点などを解説した。

ページトップ