建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者千葉県農林水産部
見出し22年度以降は3.4億円/東総台地地区を再評価/安房中央地区も審議/県農林評価審  
掲載 2021年11月18日日刊建設タイムズ  
本文

 県農林水産部は17日、千葉市の自治体福祉センター4階会議室において2021年度第1回県農林公共事業評価審議会を開催し、「農業農村整備事業広域営農団地農道整備事業東総台地地区」と「農業農村整備事業かんがい排水事業安房中央地区」の再評価を実施した。いずれも「継続は妥当」と評価された。「東総台地地区」は22年度以降、事業費3億4200万円を投じ、22年度に路盤工677m、23年度に舗装工1277mなどを実施する計画となっている。
 「東総台地地区」は、県東部の銚子市・旭市・東庄町の畑地帯を中心とした2590haの営農団地を南北に縦貫する農道を整備するもの。事業工期は1992~2023年度。総事業費112億6700万円で、21年度までに109億2500万円を投入し、進捗率(事業費ベース)は97%に達する見込み。
 また「安房中央地区」では築堤後30年以上が経過し老朽化が進んでいる安房中央ダムの取水施設を改修し、施設の機能回復と安全性を確保する計画。受益面積は館山市657・3ha、南房総市313・1haの合計970・4ha。事業工期は04~23年度を予定。総事業費15億2280万円で、21年度までに14億7100万円を投入し、進捗率(事業費ベース)は96・6%となる。
 22年度以降、5200万円を投じ、高含水泥土改良剤の使用等により堆砂除去を実施し、取水塔維持管理のための取水口進入路の残区間63mの整備などを進め、23年度の事業完了を目指す。
 そのほか「農業農村整備事業かんがい排水事業新川地区」と「農業農村整備事業経営体育成基盤整備事業瑞穂地区」の事後評価を実施した。

ページトップ