建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し賑わい創出に向け始動 新発田越後門前町プロジェクト  
掲載 2021年11月19日新潟建設新聞  
本文

 一般社団法人新発田歴史文化プロジェクト(布村玲輔代表理事)は11日に「越後新発田門前町プロジェクト」の起工式を市島酒造で開催した。新発田市の二階堂馨市長をはじめ、中央建物の大倉喜彦代表取締役(大倉家代表)など、多数の関係者が参列し、新しいまちづくりプロジェクトの始動を祝った。
 同プロジェクトは、新発田出身の大実業家である大倉喜八郎の別邸「蔵春閣」が市内に移築されるのを契機に、門前町エリアにある「蔵春閣」「諏訪神社」「市島酒造」「清水園」「寺町」―の観光資源5カ所を結ぶ道を整備。加えて飲食店や土産店など約40店舗の仲見世などが出店できる環境を整え、エリア全体を街巡りできるよう民間主体で整備する計画。※11月15日付1面で一部既報
 布部代表理事は「県内外を問わず、世界に通用する観光地として賑わいを創出できると確信している。50年後、100年後の市民に評価していただけるまちづくりを進めてまいりたい」と意気込みを語った。二階堂市長は「蔵春閣とこの門前町プロジェクトが一体となった時に市の表情にほほ笑みが生まれる」と述べ、期待を寄せた。大倉代表取締役は「夢のあるプロジェクト。新発田のさらなる発展に寄与するもの思っている」と話した。
【写真=関係者が参加し始動祝う】

ページトップ