建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)日本建築士会連合会,国土交通省
見出し【士会連合会】建築物の木材利用促進で国交省と初の協定締結  
掲載 2021年11月23日本社配信  
本文

 日本建築士会連合会(士会連合会、近角真一会長)は20日、国土交通省と「木造建築物の設計・施工に係る人材育成等に関する建築物木材利用促進協定」を締結した。広島市で開かれた第63回建築士会全国大会において締結式を行った。10月から始まった建築物木材利用促進協定制度により、国が締結する協定の第1号となる。対象は全国で、有効期間は2025年3月31日まで。人材育成や木造建築物の普及活動等を推進することで、日本の建築物における木材の利用促進に貢献していく。
 士会連合会の構想によると、▽中大規模木造設計セミナーの開催▽「木の建築賞」(表彰制度)を全国7ブロックで巡回実施▽川上、川中、川下が連携した木造建築技術者の育成▽都道府県建築士会と地方自治体との協定締結の働き掛け―などを行う。セミナーに関しては、24年度までに全国で1000人以上の受講を目指す。
 国は、構想達成に向けて講師の派遣等による情報提供、士会連合会の取り組みの周知・広報に関する協力、自治体との協定締結等の連携促進への支援を行う。

ページトップ