記事

事業者
国土交通省常総国道事務所

国交省常総国道が3月までに発注する東関道工事のまとめ

2022/01/25 日本工業経済新聞(茨城版)

 国土交通省常総国道事務所の東関東自動車道水戸線(潮来~鉾田)で、これから3月末までに公告あるいは指名通知となる工事をまとめた。一般競争では、行方市両宿地区の跨道橋上部工事が2億円から3億円未満の規模で、鉾田市串挽地区外の跨道橋上部工事が3億円から4億5000万円未満の規模で予定されている。公募型指名競争では行方市中根地区の下部工や、行方市長野江地区ほかの跨道橋下部工事、潮来・行方・鉾田地区の環境整備工事など7件が計画されている。

【R3東関道両宿地区跨道橋上部工事】

 行方市両宿の市道2284号線と103号線の跨道橋2橋の上部工で、発注規模が2億円から3億円未満。工期については約12カ月。2284号線は橋長56m、幅員6m。上部工がPC斜材付きπ型ラーメン橋。103号線が橋長33・6m、幅員10・65m。上部工はPC単純中空床版橋。

【R3東関道串挽地区外跨道橋上部工事】

 鉾田市道8―4314号線と8―4182号線の跨道橋2橋の上部工。3億円から4億5000万円未満の発注規模で、工期が約12カ月。8―4314号線(串挽)は橋長48・2m、幅員9m。上部工がPC単純バイプレ方式I桁橋。市道8―4182号線(野友)が橋長38・1m、幅員6m。上部工はPC斜材付きπ型ラーメン橋。

【R3東関道中根地区下部その1工事】

 行方市中根地内のため池橋の下部工(A1)と仮桟橋工一式で、工期は約12カ月。発注規模が3億円から4億5000万円未満。橋長51m、幅員12・64m。上部工が鋼単純少数鈑桁橋。下部工は逆T式。基礎については場所打ち杭(杭径1200㎜、L25m、15本)。

【R3東関道中根地区下部その2工事】

 ため池橋の下部工(A2)および仮桟橋工一式。工期が約12カ月。3億円から4億5000万円未満の規模で発注。逆T式で基礎は場所打ち杭(杭径1200㎜、L25m、15本)。

【R3東関道長野江地区外跨道橋下部その3工事】

 行方市道(北)203号線と鉾田市道8―4209号線の跨道橋2橋の下部工(4基)。発注規模は2億円から3億円未満で、約11カ月の工期。

 (北)203号線(長野江)の形式が逆T式で、基礎は中堀PHC杭(杭径1000㎜、L7m、A1・14本、A2・10本)。8―4209号線(野友)の形式についてはポータルラーメン橋で、基礎が中堀りPHC杭(杭径600㎜、L15m、A1・A2とも6本)。

【R4東関道潮来地区環境整備工事】

 潮来市延方から行方市石神までで、立入防止柵工(L4000m)、除草工(35万㎡)、伐採工(2000本)、応急処理工、工事用道路を行う。発注規模は2億円から3億円未満で、工期約24カ月。

【R4東関道行方地区環境整備工事】

 行方市石神から北高岡で、立入防止柵工(L4000m)、除草工(35万㎡)、伐採工(2000本)、応急処理工、工事用道路を施工する。2億円から3億円未満の規模で、約24カ月の工期。

【R4東関道行方鉾田地区環境整備工事】

 場所が行方市北高岡から鉾田市野友。概要は立入防止柵工(L4000m)、除草工(35万㎡)、伐採工(2000本)、応急処理工、工事用道路。発注規模については2億円から3億円未満で、工期約24カ月。

【R4東関道石神地区跨道橋下部その1工事】

 行方市石神の市道(麻)1680号線の跨道橋下部工(2基)。発注規模は1億円から2億円未満で、工期約11カ月。A1、A2ともに基礎は中堀り鋼管杭(杭径800㎜、L6・5m、5本)。


【下部工が進んでいる串挽地区ほか跨道橋】

記事資料

紙媒体での情報収集をご希望の方は
建設新聞を御覧ください。

建設新聞はこちら