記事

事業者
栃木県小山市

小山市予算案、新博物館の基本計画策定、排水強化9.9億円、学校整備5.4億円、間々田保育所は設計・施

2024/02/02 日本工業経済新聞(栃木版)

 小山市は1日、2024年度当初予算案を市議会に説明した。一般会計の規模は、前年度比31億円増となる712億円(4・6%増)。普通建設事業費は77億8953万9000円(17・5%減)。排水強化対策に9億9040万円、公園管理に5億8900万円、小中学校施設整備に5億4839万6000円、市道補修に4億2850万円を配分。新規は間々田地区新設保育所整備に6億6725万3000円、学童保育館施設整備に1億5240万円、本庁舎歩道屋根新設に1億5400万円、新博物館整備に2986万5000万円、市営弓道場基本・実施設計委託に2000万円、出井保育所基本設計委託に900万円、旧水道庁舎改修設計委託に800万円を盛り込んだ。(2~3面に主要事業の予算額)

 新年度は安全安心な暮らしの確保を最優先に道路、橋梁、公園、学校、保育所の維持修繕と長寿命化対策に重点措置。浅野正富市長が提唱する「田園環境都市おやま」の持続的発展とともに、SDGsとの一体化を図りながら効率的で効果的な予算案を編成した。

 排水強化対策は25年度までの継続で総事業費95億8900万円(豊穂川52億8900万円、準用河川43億円)を投入する。新年度の事業費内訳は豊穂川6億4100万円、小山栃木排水路2億8990万円、立木排水路5950万円。

 公園は361カ所を管理。年間緑地管理委託に3億6500万円、樹木剪定伐採委託に8000万円、清掃施設管理委託に45900万円、クビアカツヤカミキリ防除対策(新規)に2700万円、施設修繕に2294万7000円、管理工事に1157万円。

 中学校は校舎屋上外壁改修(小山中、小山第2中)に1億7700万円、大谷中下水道接続に3700万円、小山中体育館屋根改修に3300万円、乙女中荷物用エレベーター改修に700万円、小山第2中第2グラウンド防球ネット改修に600万円。

 小学校は体育館屋根改修(小山第2小、若木小、乙女小)に1億1000万円、校舎屋根外壁改修(大谷南小、絹義務教育校)に6000万円、間々田東小受水槽更新に4100万円、乙女小駐車場整備に3000万円、城東小廊下床改修に2900万円。

 市道補修は工事1億7950万円、維持包括管理委託1億3500万円、間々田駅自由通路改修委託6000万円、側溝路面清掃・測量設計委託2700万円、原材料2700万円。道路長寿命化修繕は1億円、生活道路舗装修繕は8000万円。

 間々田新設保育所整備は25年度までの継続で総事業費13億5300万円。間々田北、網戸両保育所を統合再編する。新年度は基本・実施設計委託5400万円、工事2億8800万円、仮設園舎賃借2億220万円、用地購入1億1400万円。

 新羽川小学童建設9100万円、乙女小第3学童設計・施工2500万円、大谷東小学童解体450万円、大谷東小第3学童シェード設置80万円、羽川小学童アスベスト分析調査委託50万円、間々田保育園学童保育館新設整備補助2347万3000円。

 新博物館は間々田のじゃがまいた伝承館と一体的に整備。基本計画策定委託に1000万円、土地収用法支援委託に988万9000円、民間活力導入可能性調査委託に799万7000円、検討懇話会運営が47万6000円。候補地は市道4243号線沿い。

 本庁舎~第2駐車場間に屋根を設置。設計委託400万円、新設工事1億5000万円。市営弓道場は市役所駐車場から県立県南体育館南側に移転新築する。近的場のほか、新たに遠的場を整備。24~26年度の継続で総事業費は2億3000万円。

 出井保育所は桑保育所と統合。桑保育所からは南東3㎞に位置する。現出井保育所はS造平屋建て延べ445平方m。築40年以上が経過し老朽化が著しい。桑・絹地区は他地区に比べ就学前児童数に対する施設の定員枠に比較的余裕がある。

 旧水道庁舎は1階を職員研修所、2階を青少年相談室に改修。24~25年度の継続で総事業費は9800万円。敷地3321平方m。建物はS造2階建て延べ904平方m。上下水道業務は本庁舎に機能を移転したため、未利用だった旧水道庁舎を利活用する。

 下水道事業の資本的支出は62億4616万8000円(5・8%増)。水道事業の資本的支出は33億5565万9000円(65・2%増)。特別会計の墓園やすらぎの森は9000万円(52・5%増)、与良川水系湛水防除は6000万円(13・4%増)。

紙媒体での情報収集をご希望の方は
建設新聞を御覧ください。

建設新聞はこちら