建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


ヒット曲・大きいな古時計(さ・SE) 2002/12/27
 2002.12.27 【ヒット曲・大きいな古時計】
 ▼♪大きなのっぽの古時計、おじいさんの時計・・・子どものころから大好きだったというR&B
(リズム・アンド・ブルース)で人気の平井堅さんがCD化して大ヒットとなっている
 ▼この曲は、19世紀のアメリカを代表する作曲家、ヘンリー・クレイ・ワーク(1832〜188
4)が、1870年代に作ったもの。マサチューセッツ州グランビーに、モデルとなった時計が今も
あるという。訳詞は3番までだが、原詞は4番まであり、「90年」となっているのを「百年」として
いるのは、語呂合わせの関係だろう
 ▼日本では昭和37年、NHKラジオで保富康午氏訳の歌詞で初めて紹介されて以来、だれもが口ず
さむことができるほど、親しまれてきた歌だ。この曲を聞くと思い出すことがある。おじいさんでは
ないが、祖母の住む家にボンボン時計があった。1週間に1度でいいものを1日1回、踏み台に乗っ
てネジを巻くのが祖母の日課だった
 ▼その時計は大きなのっぽの、とまではいかないが、比較的大きなものだったと記憶している。昭
和30年代までは、どこの家庭でも当たり前のように柱にかけられており、1時間ごとに打つ、その時
の鐘は、今も耳の奧に残っている
 ▼私が高校生だった冬の午前3時ごろ、子ども、孫、ひ孫たちが見守る中、祖母は病院で静かに息
を引き取った。家に戻った時、その時計は3時を指したまま動かなくなった。以来、時計は止まった
まま、今も仏壇のそばに置いてある。赤茶けた踏み台とともに。NHKの大晦日の紅白歌合戦に平井
さんは、この歌ってくれるのだろうか。各家庭それぞれににカラーの違う感慨を残している。(さ・
SE)
ページトップ