建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


クレイジー・バーゲン(本・HK) 2004/10/30
 2004.10.30 【クレイジー・バーゲン】
 ▼10月19日は日本初のバーゲンの日。1895(明治29)年、東京の大丸呉服店が冬物の大売出しを
開催したのがはじまりだ。兎にも角にも、バーゲン&セールの文字には弱い。6月下旬から7月上旬
に行う夏物セールや12月下旬から1月初旬に掛けて行う冬のセールには、必ず足を運ぶ。そう言えば
、今着ているスーツも夏のセールで買った
 ▼しかし、それ以上にバーゲン好きなのがフィンランド人。日本のように通常の夏と冬のセールに
、春と秋が加わる。これが、普通のバーゲンの演出とは三味くらい違うという。ある老舗デパートで
は「クレイジーデイズ」と称して4日間のお祭り騒ぎとなる。この期間中、デーパートの中は黄色一

 ▼店員の衣装、マスコット、風船や棚の飾付け、さらには、買い物袋に至るまで全てが黄色一色に
飾られる。店員も手馴れたもので、コスプレ衣装まで着るというからスゴイ。街中には、黄色い袋を
持たずに歩いている人はいないほどクレイジーな4日間になる
 ▼日本では、デフレが進み安い商品が当たり前のように店先で陳列される。その一方で、品質重視
のブランド品が街中を飛び交っているのも事実。昨今の公共事業でもデフレ現象とは違うが、安価な
ものが増加。事業量の減少により、仕事欲しさの、ダンピングが横行している。さしものバーゲン落
札のようなものだ
 ▼ただ、公共事業は国民の税金が使われる。品質の確保は当然。欠陥により大惨事につながること
もある。安くできる部分も必要だが、公共事業は多少高価でも品質重視を第一にして欲しいものだ。
建設業界では、クレイジー・バーゲンは楽しめない。(本・HK)
ページトップ