建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


胃腸炎と事業再生(松・JI) 2005/01/29
 2005.01.29 【胃腸炎と事業再生】
 ▼大流行の胃腸炎を息子から譲り受け、貴重な休日を寝床で過ごした。なんとか2日間で体調は復
活。1週間苦しんだ息子と比べれば、やはり基礎体力が違うというところだろうか
 ▼布団の中で「事業再生」(田作朋雄著・角川書店刊)を読んだ。著者は企業の合併・買収、事業
価値分析の専門家。「どんな企業も倒産の危機を抱えている時代」と指摘し、事業再生を「企業体と
しての会社より、事業そのものを再生させていく考え方」と説明する
 ▼これまでの日本では、業績悪化で倒産する会社に「悪」「恥」というレッテルを貼り、再起のチ
ャンスがなかったと疑問を提示。傾いた企業でも立派な「資産」を有している場合が多いと述べ、こ
うした企業の復活の道が開けてこそ、産業構造も大きく変わる、と説いている
 ▼本書では厳しい言葉もある。『「俺の会社」を存続させる』というだけでは経営者の責任を果た
しえず、「従業員の雇用と、それを支えるための事業基盤の維持」という視点こそ必要と語る。経営
陣と従業員の士気や事業基盤があれば立ち直ることが可能であり、金の問題は「一番処方箋が書きや
すい」とのこと。ここでは債権放棄や会社の身売り、スポンサー獲得、資産売却などが挙げられてい

 ▼事業基盤、そして人こそ大事と説く著者だが、業界全体の状況も重要と述べる。業界全体が「成
長しているのか、停滞しているのか、衰退しているのか」で企業存続の判断が異なってくると言う。
残念だが決して成長とはいえない建設業界。現状は停滞なのか、衰退なのか。胃腸炎と違い、会社の
再生は基礎体力に頼るだけでは難しいようだ。(松・JI)
ページトップ