建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


久し振りのバイクで(前・HM) 2006/05/31
 ▼筆者は最近、友人からバイクを買った。と言っても50CCの小型のものだ。しかし、小型でも一
丁前に4速ギア付きで、スピードは出ないがおもちゃ的な感覚で楽しめる。友人も気に入って乗って
いたようだが新居購入に向け手放す事に。ちょっとした出費だったが思い切って購入した。筆者は学
生時代、中型バイクに乗っていたが、より便利な自動車を選択し、それ以来バイクをやめてしまって
いた
 ▼友人からバイクが届き、何年かぶりにお気に入りだったヘルメットを引っ張り出し公道へ。久し
ぶりに乗るバイクは、やたらに早く感じて怖かった。ギアを変えながらの減速、加速もぎこちなく、
ミラーに迫る後続車にプレッシャーを感じる。ウィンカーも消し忘れる始末だ
 ▼それでもしばらく乗っていると、徐々に以前の感覚がよみがえってくる。すると過去にバイクに
乗っていた時には味わったことがない楽しさを感じはじめた。それは、スピードとか景色とかではな
く、バイクの運転操作そのものに対する楽しさだ
 ▼以前のバイクはレーサーレプリカタイプのスピードの出るもの。格好をつけたいという気持ちも
あり気負って乗っていた。必要以上にスピードも出していた。しかし今は違う。スピードよりも、1
つひとつの動作をイメージ通りに行えるよう丁寧にじっくりと運転する。難しい。しかしできた時に
は運転の楽しさを堪能する
 ▼同じ事をしても以前とは感じ方が違うことが多々ある。これを成長と呼んでいいのか、後退いわ
ゆるオジサン化と言うのだろうか。できれば前者であることを祈りつつ、薫風の中、今日もバイクを
走らせている。(前・HM)
ページトップ