建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


スポーツドリンク(甲・TK) 2006/07/31
 ▼この季節はビールにかぎる。しかし、それは夜の話。昼間からお酒というわけにはいかないので
、日中はスポーツドリンクが無性に飲みたくなる。筆者がスポーツドリンクと最初に出会ったのが確
か小学生の頃。現在では、多くの種類が販売されているが、その当時はたしか1種類ぐらいしか販売
されていなかったのではなかろうか。初対面の印象は、清涼飲料水でもお茶でもなく、水でもない、
かなり衝撃と同時に違和感を感じたことを記憶している
 ▼スポーツドリンクには、塩分のほか糖分を始め、さまざまな成分が含まれている。もともとは点
滴用のものを製薬メーカーが飲料用にするため、糖分や食品添加物を加えて飲みやすく開発し、スポ
ーツドリンクとして商品化したーということである。ただし、当然ながら飲みすぎには注意すべきと
のこと
 ▼ところで、最近、この飲み物でコマーシャルを思いついたので書いてみることした。ドリフター
ズではないが「もしも広告を作ったら」ということで、軽く読み流していただきたい
 ▼設定はある暑い夏の日のこと。主人公は、サイクリングで吹き出るほどの汗をかいている。ちょ
うど疲れきったところで、自動販売機を発見。スポーツドリンクを購入し、いっきに飲み干す。同時
に夏の晴れ上がった空も一転し、夕立ちで大雨となる。大地や植物など一面を瞬く間に潤す
 ▼人間と同様に大地も水分補給だ。そこで「大地も欲しがる水」というコピーを添える。果たして
広告効果はいかがなものだろう。少し地味な広告かもしれない。冗談半分の、もしもシリーズだけに
「だめだこりゃ」とは言わないでください。(甲・TN)
ページトップ