建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


波紋が広がる・・・(群馬・KS) 2007/05/31
 ▼水面に石を投げ入れるとできる波紋。波紋の正確な意味が知りたくて、久方ぶりに辞書を引いて
みた。「あった。」?水に石を投げた時などに水面に生じる、輪の形にひろがる波の模様?ある物事
がきっかけとなって、関連しあいながら次々と他に及んでいく影響―と
 ▼水面にできる波紋はいいが、どうも悪いことで波紋は拡がるようだ。4月に起こった長崎市長銃
殺事件以来、拳銃を使用した事件が急増している。関連した報道番組によると、日本全国には銃が5
万丁ほど眠っているとのこと。この銃が罪もない人々に向けられたらと思うと背筋がぞっとする。そ
うならないことを祈るばかりだ
 ▼20年ほど前に起こったリクルート事件。戦後最大級の構造汚職疑惑で、政・財・官など特権階
級の金儲け主義が白日の下にさらされた。当時、疑惑が持たれた高級官僚や閣僚たちは「妻が株をも
らった」とか「秘書がもらった」と釈明。「妻が、秘書が」という言葉が小学生の間にまで波紋を拡
げた
 ▼この事件では、破竹の勢いのあったリクルート社の創業者江副浩正氏が逮捕され、その職を追わ
れた。再び日の目を見ることはないだろうと思っていたが、書店の棚で「江副浩正」という4文字を
見たときは我が目を疑った。「なにを今更」と手にとってページをめくってまたびっくり
 ▼『リクルートのDNA』と題した1冊の本には、彼が創り、彼が残した企業家精神の継承者たち
がリクルートを卒業した後、色々な分野において活躍していることが書かれている。これは江副氏が
リクルート時代に掲げ、残した「社員皆経営者主義」が全社員に脈々と流れている証なのだろうか。
(群馬・KS)
ページトップ