建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


一ブランドの復活で(山梨・SA) 2011/07/30
一ブランドの復活で
▼1990年代初頭に発売された、小型のスポーツカーが復活するという、うれしいニュースを耳に
した。車の名前は「ホンダ・ビート」。排気量660CCの、オープンカータイプの軽乗用車だ。さ
っそく車雑誌を探してみると、まだデザイン段階といった図面だが、風貌は鋭角的で斬新なスタイル
に変わり、カラー誌面を大きく飾っていた。しかし、「ビートの後継型」のみの発表のため、排気量
などは不明。この先の展開が楽しみだ。
▼このビートは、筆者が運転免許を取得した頃、最も憧れたクルマだ。しかし、見れば見るほど不思
議なイメージがある。それは、クルマなのだが、どことなくバイク感覚で製作された感じなのだ。そ
の一番の特徴としては、スピードメーターなどの計器類が、一見オートバイのような形状をしている。
しかも、変速シフトはマニュアルに限定。風を切るような走りを体感できる、屋根のオープンスタイ
ルが、いかにもバイクらしい印象だ。
▼この車を、一度乗ってみたかったと思った時代から、随分時間が経過した。しかし、消えかかって
いた一つのブランドがここで復活することは、きっと良い車だった証なのだろうと思う。
▼昨今、震災関連により、消費電力の省エネや節電などに対し、民間企業や一般家庭での地道な取り
組みや努力が続く。そんな中での移動手段として、エネルギー消費の少ない自転車やバイクの移動が
目立つ。
▼省エネの必然が叫ばれ、生活や趣味等の世界で窮屈な感覚がまぬかれない。そういった時にこそ、
遊び感覚溢れる、夢のある車の登場で、生活の中に楽しさを味わえる時代を望みたいものである。
(山梨・SA)
ページトップ