建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


ルール変更が生むもの(茨城・SA) 2014/02/28
ルール変更が生むもの
▼F1世界選手権の2014シーズンに向けて、各チームのニューマシン発表が相次いでいる。昨シー
ズンに比べて、今年からルールが大幅に変わった
▼主な変更点は、1・6リッター・V6ターボエンジン登載と、マシンのフロント形状が細く前方に
伸びる、通称「アリクイノーズ」のマシンが多く見られるようだ。この見た目がやや不格好だと、ネッ
トのニュースでも話題になり、F1人気に影を落とす要因になるのではという懸念の声も出ている
▼このほか、ドライバーそれぞれに与えられるカーナンバーも、これまで各チームの前年度総合得点
順に振り分けられていたが、番号を自ら指定できるパーマネント制を導入。個人の好む番号が定着す
ることにより、新しい魅力の創出に期待できそうだ。さらに驚いたのは、最終戦に限りドライバーズ
ポイントが通常の2倍与えられることだ。まるでバラエティ番組のオチのような話だが、果たして効
果ある改正になるだろうか。さらに嬉しい話題としては、久々に日本人ドライバーがF1に復帰する。
小林可夢偉選手が1年の浪人生活を経てコクピットに戻る
▼昨年を振り返ると、レッドブルレーシングのセバスチャン・ベッテル選手が圧倒的な強さで4年連
続となる総合優勝を飾った。ベッテル選手はドイツ生まれで、まだ26歳と若いチャンピオンだ。今年
はベッテル選手の5連覇はあるのだろうか
▼レースの魅力を高めるべく施すルール改正は、本来の面白さを創出する試みになるだろうか。観戦
するには楽しめるが、戦う側とすればたまらない。開幕戦は3月16日。改正が吉と出るか凶となるか
楽しみだ。(茨城・SA)
ページトップ