建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


「暑さ寒さの『悲願』」(長野・JI) 2014/07/31
「暑さ寒さの『悲願』」
▼寒い。凍えるような寒さである。半袖短パンから露出した腕や足が冷えはじめ、全身から体温が下
がっていく。休日に乗った特急列車の冷房が効きすぎていたのである。ふと横を見ると、反対側の席
では大きなタオルを肩から足まで覆っている女性。温かそうで、うらやましい。何事も準備が大切だ
と実感した
▼列車を降りれば地獄のような熱気に包まれる。体内で静かに眠りについていた汗が、すべての毛穴
から吹き出す。皮膚の上をまとわりつき、離れようとしない。この暑さの中で、タオルやら何やらを
詰め込んで重くなったバッグを持って歩けば、さらに汗が出てくるだろう。それは避けたいものだ。
では暑さ対策をするか、それとも冷房対策か。これは悩ましい問題だ
▼ある組合の事務局長が嘆いた。「組合員は組合のことを考えていない」。理事長を含め、組合の会
合に参加する理事らは自社の利益しか考えず、災害協定を結んでいることなど無視しているという。
実際に災害が起きた時も、対応してくれる組合員企業は少なかったようだ
▼理事は企業のトップ。まずは、その企業の存続を考慮するのが当然である。しかし企業は地域の一
員。地域が崩壊すれば、企業存続も危ぶまれる。たとえば大雪が降った時に、取引のある商店街や商
業施設周辺を優先するか、それとも協定に基づいて担当エリアの道路を除雪するか。これまた悩まし
い問題だ
▼半袖短パンは暑い時には良いが、冷房に対抗できないのが難点。しかし薄手の長袖長ズボンならば、
暑さにも寒さにも勝てるはず。これで悲願達成するだろう。答えは探せば見つかるものだ。
(長野・JI)
ページトップ