建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


早めの冬支度を(新潟・SS) 2021/11/20
早めの冬支度を
▼休日に隣家の駐車場からカランコロンと金属音が聞こえる。のぞいてみると、スタッドレスタイヤへの交換作業をしていた。もうそんな時期かと思ったが、新潟では例年11月中に1回は軽く雪が降るので、早々に冬タイヤへの交換を行った
▼昨冬、新潟は記録的な大雪となった。雪国にしては比較的雪が少ないといわれる新潟市内でも一夜にして車が埋もれるほど雪が降り、通勤・通学にも大きな影響が。自宅でも隣の倉庫屋根の落雪が電線を巻き込んでしまい、切れて家の駐車場に垂れ下がった。また、エコキュートの室外機が故障し、風呂が沸かせなくなった
▼電線の垂れ下がりを電力会社に連絡すると、大雪の中、2時間程度で駆け付けて応急処置をしてくれた。しかしエコキュート室外機の故障については、同様の故障が多かったのか、修理まで1週間ほどかかり、その間自宅でお風呂に入ることができなかった
▼新潟気象地方台がこのほど出した、11月~来年1月までの3か月予報では、12月と1月の降雪量は平年並みとなっている。ただし気象庁が10月11日に公表した速報によると、日本付近に寒気をもたらし大雪の原因となるラニーニャ現象の発生確率は高まっているとしている。今冬のラニーニャ現象が発生する確率は例年の20%に対し60%と大幅に増加しており、大雪の可能性は例年よりもかなり高い
▼冬タイヤへの交換など普段の冬支度以外にも、想定外の大雪に備え、非常用の食料や除雪用具の点検、停電対策として電源に頼らない暖房器具や予備電池を準備しなくてはいけない。備えあれば憂いなし。早めの準備を心掛けたい。(新潟・SS)
ページトップ